デジタルFAXで仕事効率化!

デジタルFAXで効率を上げる方法を掲載

デジタルな時代に未だ「FAX」が使われている理由

デジタルな時代に未だ「FAX」が使われている理由 現代はこれだけネットが使用されデジタル化されている時代ですが、まだまだFAXが主流の業界がたくさんあります。
もちろん大手の企業や、IT関係の会社であればデジタル化されています。
しかしまだまだ業界によってはアナログのやり方をしている所も結構あります。
特に個人で経営している小売店、美容室、開業医、幼稚園、保育園などはFAXでオーダーを入れます。
理由は経営者が年配でパソコンを使いこなせないという事もありますが、FAXでのいいところはだいたい指定の用紙があり、そこに記載するだけですので、急のオーダーもすぐに入れる事ができます。
一方メールだとわざわざ開く必要があります。
例えばオーダーに不備があった時、手書きで送ってきたオーダー用紙であれば、誰が書いたのかわかるため、不明な点があってもすぐに電話で確認できます。
しかしパソコンだとそうはいきません。
誰が担当者なのかわからず、問い合わせしても二度手間です。

デジタルFAXの導入でラジオ局が効率化することとは?

デジタルFAXの導入でラジオ局が効率化することとは? デジタルFAXは、インターネット回線を利用してファクシミリを使うことができる新しいサービスであり、さまざまな企業や事業主が活用しています。
デジタルFAXを導入することによって、これまでのファクシミリ機器やコピー機などが不要になり、紙を使う必要がなくなり、トナーカートリッジなどの消耗品も不要になるため、コスト削減効果が高いだけではなく、省エネルギーの実現も可能になります。
デジタルFAXの導入で効率化が可能と思われるのが、ラジオ局です。
ラジオ局には、リスナーや取引先などから、さまざまな紙のファックスが送られています。
デジタルファクシミリを導入することで、紙のやり取りをなくすことができ、電子メールの形でファクスを処理することができることから、ラジオ局全体の作業効率を高めることが可能になります。
紙のファクシミリの場合、複数の送受信を一度に行うことはできませんが、オンラインファクシミリであれば可能です。

Copyright (C) 2017 デジタルFAXで仕事効率化!. All Rights Reserved.